ニュースでガチ!


by dash_fur301

ペルー人初の競輪選手誕生へ…

日本競輪学校合格者発表。競輪の振興法人・JKAは16日、日本競輪学校103期生の合格者を発表し、大阪在住でペルー国籍のニエト・カチケ・カルロス・リカルドさん(30)が名を連ねた。競輪学校は1996年から受験資格条項の「日本国籍を有する男子」を「日本国内に在住する男子」に変更。過去、中国、韓国から3人合格者が出ているが、アジア以外ではカルロスさんが初めて。南米から初の競輪選手が誕生する。94年に来日し、大阪・玉津中から仁川学院高―近大と野球ひと筋。近大卒業後はクラブチームのトータル阪神に所属、一昨年の全日本クラブ選手権で優勝した。今年5月、同じジムに通う南修二選手(88期・S級1班)を紹介され、競輪転向を決意。「妻にはスポーツで身を立ててほしいと言われていたし、チャンスがあるなら」と、猛練習を積んで一発合格した。「勉強も野球も日本人に負けたくないと思って頑張ってきた。今は自分に負けたくない。夢を与える選手になりたい」。順調なら13年7月にデビュー。出走表は県名表記のため「ペルー」ではなく「大阪」になる。

血糖値測定器について
プロアクティブお試し無料サンプル
馬油の効能
護身用の道具
プーアール茶の効用,効能
[PR]
by dash_fur301 | 2011-12-17 19:59 | ガチNEWS8